私がアジアで見たもの

Les gens en Birmanie(No.1)---ミャンマーの人々(1)

チンドウィン川の向こうの名も知らぬ村
森の中の人々 (モンユワ郊外)
村の目抜き通り。だがほとんど音の無い世界。


私とミャンマーの出会いは幸運だった。 すぐに現地の女性と友達になり、 案内してもらうことになったのである。

ヤンゴン郊外の名も知らぬマーケットをひやかしていたら、 おばさんが何やら友人に話しかけてきた。 彼女は宝くじ売りで、写真を撮って欲しいと言っているのだそうだ。 そんなことを頼まれたことがない私は 驚きながらもなんとなく嬉しくなった。

この先も何かいいことありそうな予感。

宝くじ売りのおばさん
(ヤンゴン)

建設現場で働く女性 女神の微笑み (ヤンゴン)

ヤンゴン郊外の建設現場。男たちに混じって 若い女性たちが過酷な肉体労働に従事していた。 ロンジーと呼ばれる巻きスカートを身に着けた 彼女たちの物腰はしかし、あくまでもたおやかである。

案内してくれた友人に「写真を撮っていいか」と 尋ねると、 友人は通りかかった女性労働者に声をかけた。 と、彼女はこちらを振り向きにっこりと微笑んだ。

この瞬間、私はこの国に恋してしまった。


機織をする女性
機織り
(インレー湖の浮島)
ヤンゴンの物売り
雨上がりの露店
(ヤンゴン)





TOP

>>> HOME